嫌われない体臭へ、わきがや加齢臭を改善してイイニオイに

奥さんや子供から嫌われないためにイイニオイにしていきましょう。

体臭はほんのちょっとの対策で改善することができます。

口臭と体臭は、密接に関係しています。

虫歯や歯周病などがあれば、当然口臭が強くなりますが、まずは治療が必要となります。

ただ、虫歯や歯周病を治療しても、口臭が治らない場合には、雑菌の繁殖や腐敗物質が原因となる場合があります。
虫歯がなくても、朝起きたときに口臭が強いのは、寝ている間に分泌される、老廃物をエサにして、雑菌が繁殖しやすいのが原因です。

口臭を作る老廃物は血液からやってきます。

血液中に流れ込んだ腐敗物質や有害物質は、唾液に混ざったり、汗に混ざることで排出されます。そのため、汗や唾液が臭くなります。

便秘の時に口臭や体臭が強くなる原因は、腸内から腐敗物質が、血液中に入り込むことでおこります。
便秘になればなるほど、大量の腐敗物質がでるため、 その分、臭いが強くなってしまいます。

腐敗物質の発生源は、腸です。

腸が汚れていると、血液が汚れてしまい、臭いが強くなってしまいます。
臭いがでるということは、それだけ大量の腐敗物質が体中を巡っているということになりますから、腸内環境を整えることがポイントとなります。

酵素は、摂取した植物を身体機能の各機能で効率よく吸収していて、エネルギー消費させる、非常に重要な成分です。
ただ、明らかな生活習慣の乱れや仕事でのストレスなどによって、マイナス因子が多くなると、酵素が不足傾向に陥ってしまいます。
これは、活性酸素を多いやるパワーが消失しているからで、酵素が不足することで、臭いを招くと考えられています。

免疫が低下すると、消化器機能もうまく働かず、食事によって摂取した成分も消化されなくなり、最終的に腸内に残ってしまいます。胃が本来のように消化機能としての役割を果たせなくなるため、食べたものが腐敗し、胃を荒らしてしまいます。その結果、腐敗臭が呼吸のたびに呼気と連動して、独特の臭いを放ってしまいます。

また、頑固な便秘になると、不要物質が腸内に蓄積し、悪玉菌が増殖してしまいます。

便秘のような環境下では、悪玉菌のエサが豊富になり、有毒なガスを発生してしまい、本来栄養を送り込む腸壁が、有毒ガスが伝わり、しつこい体臭を放出させてしまいます。

このように、酵素不足による臭い対策には、生活習慣を改善し、腸内環境を整えることが重要です。

消化吸収が良いものばかり食べていると、大腸に届く食べかすの数が減り、便意がおこりづらくなってしまいます。食物繊維は、腸内を移動しながら、不要な水分やコレステロール、臭いの物質を絡めて便と一緒に排出してくれます。

また、腸内環境を整える善玉菌を増やす働きもあるので、日頃から食物生活を摂取することが重要です
食物繊維が多く含まれる食品は、穀類や豆類、藻類に多く含まれます。特に藻類は、ミネラルも豊富に含まれているため、熱中症対策に最適です。

整腸作用のある乳酸菌は、善玉菌の繁殖を促す効果があり、腸内の老廃物を吸着して、便と一緒に排出するなど、食物繊維と同じような働きがあります。

わきがの悩みを解消したいのならクリアネオ

体臭のひとつのわきがは、わきがそのものが遺伝ではなくわきがを引き起こすアポクリン汗腺という汗腺の量が遺伝するのです。アポクリン汗腺が多いほど分泌される汗も多くなるためわきがのニオイも強くなるのです。

両親のどちらかがわきががある場合は子供もわきがになりやすい傾向にあります。ただし、アポクリン汗腺は誰でも持っているもので、そこから出る汗がわきがの原因となります。ニオイがある人とない人がいますが、これはアポクリン汗腺から出る汗の量に違いがあり、わきががある人はアポクリン汗腺の量が多く、汗の量も多いため臭うのです。アポクリン汗腺が生まれつき多い人はわきがになるのです。

汗には種類があり、わきがの原因となるアポクリン汗腺から汗と、エクリン汗腺からの汗があります。運動して出る汗はエクリン汗腺から出るもので、エクリン汗腺から出るあせは無臭に近く、水と同等程度で体の体温調整をするために必要な役割があります。エクリン汗腺からの汗も皮脂や菌などと混ざり合うとニオイの原因となりますが、わきがのニオイとは異なります。

アポクリン汗腺の量は遺伝されることがありますが、他の理由でアポクリン汗腺が刺激されることもあります。

脂っこいもの、肉、バターやチーズ、牛乳など動物性たんぱく質などの摂り過ぎはわきがの原因となるアポクリン汗腺を刺激して分泌される汗の量が増えてより強いニオイとなります。またストレスはアドレナリンの分泌によって汗腺が刺激されてアポクリン汗腺からの汗が分泌されやすくなります。そのためストレスもわきがに繋がるのです。

わきがを改善するには手術する方法もありますが、完治することもありますが、アポクリン汗腺を全て取り除くことができない場合は再発することもあるのです。

わきが対策で消臭スプレーやクリームなどを使用しても効かない場合は、クリアネオが良い選択となります。

クリアネオはわきがなど体臭専用のクリームで医薬部外品としてわきがに効果があると認定されている商品なのです。わきがクリームとしてクリアネオは全額返金保証書を発行したり、お客様サポートセンターの開設、殺菌効果やニオイを抑える効果の実証実験、パッチテストなどを実施しているクリームです。

クリアネオはイソプロピルメチルフェノールという殺菌剤、抗菌剤を配合し細菌の発生を抑えます。またパラフェノールスルホン酸亜鉛も配合し、制汗効果を高めています。さらに柿タンニンを配合して殺菌効果がニオイの原因となる雑菌の繁殖を抑え、嫌なニオイの原因となる老廃物の蓄積を抑えてさわやかさを保ち、セージエキス、シャクヤクエキスなど7種類の天然植物エキスを配合してニオイや汗を抑えることに効果を発揮します。

クリアネオは清潔にしたわき以外にも足や汗やニオイが気になる部分に適量塗るだけです。デリケートゾーンにも使えるため敏感肌でも使用できます。

今までわきがで悩みわきが専用制汗剤なども効かない状態で手術以外に方法はないと考えていたのなら、クリアネオを使うことで、わきがの悩みが解消します。

脇汗の臭いを改善したいならストレス対策も

ストレス

脇汗とストレスにはそれほど大きな関係がないと考えている人は多いことでしょう。

しかし、実際にはこの両者には非常に密接な関係があると言われているのです。では、脇汗の臭いとストレストにはいったいどんな関係があるのでしょうか。

例えば、緊張が高まってくると、急に脇に大量の汗をかくといった経験をお持ちの方もいることでしょう。実は、過度のストレスや精神的なプレッシャーを受けて体が極度に緊張すると、脇汗が大量に出てくることがあると観察されています。

その原因は、自律神経にあると言えるでしょう。交感神経が強い刺激にさらされるためということができます。極度の緊張によって、私たちの自律神経の働きはたいへん活発になります。そのため、発汗が普通以上に促されて普段よりも大量の汗をかいてしまうというわけです。また、こうした状況下では、単に汗の量が増えるだけではありません。汗の臭いも強くなると言われているのです。

ストレスによって脇汗の臭いが強くなると言える主な原因は、アポクリン汗腺にあります。アポクリン汗腺からはどろっとした汗が分泌されるものですが、緊張が高じてくると、そこから大量の汗をかくようになります。

一般的に言って、アポクリン汗腺から出てくる汗は、普通の汗とは違い脂質などの雑菌が繁殖しやすい状態にあります。このタイプの汗が大量に出てくることで、脇の下の殺菌は一気に増えてしまい、結果として強い臭いを引き起こしてしまうというわけです。
また、脇の下には脂肪腺と呼ばれる汗腺もあります。大きなプレッシャーを感じると、この脂肪腺から脂質を多く含んだ汗が出てくることがあり、これがアポクリン汗腺から出る汗と一緒になって、さらに強い臭いを引き起こすのです。

さらに、極度の緊張を感じた時などには、汗とともに、皮脂をも分泌するようになっています。それで極度の緊張によって、アドレナリンや副腎皮質ホルモン、また男性ホルモンといったものが大量に放出されることでしょう。それによって、皮脂の分泌が促され、より一層臭うようになってしまうというわけです。

このように、脇汗の量や臭いは、ストレスと大きな関係があることが理解していただけたことでしょう。それで、気になる症状を改善するためには、こうした緊張を上手に解消することがどうしても必要です。

緊張しそうな場面に直面することが事前に分かっているならば、前もって制汗剤を使用することができるでしょう。また、すぐに汗を拭きとれるようにボディシートを準備したり、着替えを持参することさえできるでしょう。

加えて、もっとも効果的な解消方法は、ゆっくりと入浴する習慣を身に着けることです。毎日ゆっくりと入浴するなら、心身ともにリラックスさせてストレスを発散させることができるでしょう。それと同時に、発汗を促して老廃物を排出させたり、脇をきれいに洗浄することによって雑菌の繁殖を抑えることができるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ