嫌われない体臭へ~イイニオイ~

嫌われない体臭になります。イイニオイにするための改善法。わきがや加齢臭に悩んでいても大丈夫です。

嫌われない体臭へ、わきがや加齢臭を改善してイイニオイに

奥さんや子供から嫌われないためにイイニオイにしていきましょう。

体臭はほんのちょっとの対策で改善することができます。

口臭と体臭は、密接に関係しています。

虫歯や歯周病などがあれば、当然口臭が強くなりますが、まずは治療が必要となります。
ただ、虫歯や歯周病を治療しても、口臭が治らない場合には、雑菌の繁殖や腐敗物質が原因となる場合があります。
虫歯がなくても、朝起きたときに口臭が強いのは、寝ている間に分泌される、老廃物をエサにして、雑菌が繁殖しやすいのが原因です。

口臭を作る老廃物は血液からやってきます。

血液中に流れ込んだ腐敗物質や有害物質は、唾液に混ざったり、汗に混ざることで排出されます。そのため、汗や唾液が臭くなります。

便秘の時に口臭や体臭が強くなる原因は、腸内から腐敗物質が、血液中に入り込むことでおこります。
便秘になればなるほど、大量の腐敗物質がでるため、 その分、臭いが強くなってしまいます。

腐敗物質の発生源は、腸です。

腸が汚れていると、血液が汚れてしまい、臭いが強くなってしまいます。
臭いがでるということは、それだけ大量の腐敗物質が体中を巡っているということになりますから、腸内環境を整えることがポイントとなります。

酵素は、摂取した植物を身体機能の各機能で効率よく吸収していて、エネルギー消費させる、非常に重要な成分です。
ただ、明らかな生活習慣の乱れや仕事でのストレスなどによって、マイナス因子が多くなると、酵素が不足傾向に陥ってしまいます。
これは、活性酸素を多いやるパワーが消失しているからで、酵素が不足することで、臭いを招くと考えられています。

免疫が低下すると、消化器機能もうまく働かず、食事によって摂取した成分も消化されなくなり、最終的に腸内に残ってしまいます。胃が本来のように消化機能としての役割を果たせなくなるため、食べたものが腐敗し、胃を荒らしてしまいます。その結果、腐敗臭が呼吸のたびに呼気と連動して、独特の臭いを放ってしまいます。
また、頑固な便秘になると、不要物質が腸内に蓄積し、悪玉菌が増殖してしまいます。
便秘のような環境下では、悪玉菌のエサが豊富になり、有毒なガスを発生してしまい、本来栄養を送り込む腸壁が、有毒ガスが伝わり、しつこい体臭を放出させてしまいます。

このように、酵素不足による臭い対策には、生活習慣を改善し、腸内環境を整えることが重要です。
消化吸収が良いものばかり食べていると、大腸に届く食べかすの数が減り、便意がおこりづらくなってしまいます。食物繊維は、腸内を移動しながら、不要な水分やコレステロール、臭いの物質を絡めて便と一緒に排出してくれます。

また、腸内環境を整える善玉菌を増やす働きもあるので、日頃から食物生活を摂取することが重要です
食物繊維が多く含まれる食品は、穀類や豆類、藻類に多く含まれます。特に藻類は、ミネラルも豊富に含まれているため、熱中症対策に最適です。

また、整腸作用のある乳酸菌は、善玉菌の繁殖を促す効果があり、腸内の老廃物を吸着して、便と一緒に排出するなど、食物繊維と同じような働きがあります。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし