ゼリータイプの青汁にはメリットがたくさん、子供にもおすすめ

青汁をいかにおいしく摂取するかは、健康を意識する人にとっては重大な課題です。

以前までは粉末を溶かして飲むタイプのものが主流だったので、選択肢の幅も少なめでした。

しかし最近では錠剤化したものをはじめ、水に溶かさずに服用する顆粒タイプやゼリータイプのものも市場に出回っています。どのタイプの商品もインターネットに限らず一般的なドラッグストアの陳列棚にも並んでいるので、どのタイプを購入するかで悩む人も多いでしょう。

商品に含まれる健康成分や美容成分に差がなく、服用する方法や形だけが違うのなら、ゼリータイプには他の形状の商品にはない大きなメリットがあります。

それは飲み方です。

まずゼリータイプであれば、商品単体での服用が可能ですし、何かを汚す心配もありません。

水に溶かすタイプの商品であれば当然水とコップが必要になりますし、最終的に服用時に使用したコップを洗う手間が出てきます。透明のコップを使って放置したままにしておくと、青汁独特の色がコップの底に残ってしまって見栄えが悪くなることもあるので、飲んだ後にすぐに洗わなくてはいけないこともあります。

そのため会社や屋外での服用は難しいと考えるのが妥当です。

錠剤や顆粒タイプに関しても水と一緒に飲むケースが多いので、ゼリータイプよりも面倒です。

水程度であれば水筒に入れて持ち歩けますし、近くのスーパーや自販機でミネラルウォーターを購入すれば済む話ですが、忙しい時間の片手間に青汁を飲みたい人にとっては手軽に服用できるゼリーのほうがメリットが高くなります。

ゼリータイプを持ち歩く上での疑念といえば、ゼリーなので鞄の中に入れると書類などで潰れて飛び出さないかという点でしょう。気になる場合は、容器にその日に服用する分だけを入れて持ち歩くか、弁当箱を携帯しているのなら弁当箱の中に入れておけば問題ありません。

次にゼリータイプの良いところをあげるなら、続けやすい点です。

他のタイプとは違って飲み運びに優れているので、年齢に問わず服用を続けられます。家族ぐるみで飲み続けられるため、たくさん購入しても残してしまう心配がないところもメリットの一つといえるでしょう。

また子どもに注目するなら、小腹がすいた時のおやつとして利用できる点もゼリータイプの良いところです。

子どもに健康的なおやつを食べさせたいと考えるのが親心ですが、健康的な食べ物だけに注目しても子どもが気に入って食べてくれるとは限りません。
一方で青汁は昔からある美味しくないというイメージを払拭するために、様々な工夫が施されています。青汁特有の青臭さを消して飲みやすい味わいを売りにしている商品も多々あり、ゼリータイプに関してもおやつ感覚で食べられるものが増えてきました。

青汁っぽさが前面に出ていないゼリータイプのものであれば、野菜の摂取量が減りがちな子どものおやつとしても重宝します。このメリットはダイエットをしている女性にも置き換えることが出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ