女性ホルモンによって発生する臭いの対策は清潔に保つことが大切

女性特有の体臭は、女性ホルモンやダイエット、貧血などさまざまな原因によって起こります。

もしかしたら自分は体臭が強いのではと悩みを持っている女性も増え、周りに迷惑をかけているのかもしれないと不安に思っている人も少なくありません。
女性の場合、男性よりも嗅覚が鋭いため、少しでもにおいが気になり出すと、香りの強い柔軟剤や香水を多めに使い、かえって周りに不快感を与えてしまうことも少なくありません。

シャワー

ただ、強い香りでごまかすのは逆効果ですから、においの原因を突き止めて、体臭を抑える対策をみつけることが大切です。

女性ホルモンは、皮脂腺や汗腺の働きをコントロールしています。生理前になると、女性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が活発になり、皮脂腺に脂が詰まっているため、酸化してにおいを発してしまいます。

生理中になると、経血や外陰部のお汗によって蒸れ、雑菌が繁殖してにおいの原因になってしまいます。
また、排卵日前になるとおりものが増え、においが強くなることがあります。

多くの場合、こまめにシートを取り替えることでにおいを軽減させることができますが、おりものが生臭い魚のようなにおいがする場合は、膣炎などの婦人科系の病気の可能性もあるので、一度婦人科を受診することをおすすめします。

こうした女性ホルモンによって発生する臭いの対策は、シャワーなどで清潔に保つことが大切です。

生理中はナプキンなどで蒸れやすくなるため、こまめに取り替え、下着は綿やシルクなど通気性の良いものがおすすめです。

また、女性ホルモンの乱れによっておこる、更年期になると、独特のアンモニア臭がすることがあります。これは更年期に起こるホットフラッシュという症状で、のぼせやほてり、発汗などの症状が現れ、自律神経のバランスが崩れて汗をかくことで、においを発してしまいます。

体臭の予防としては、ゆったりとした服装を心がけて、体温調節をしやすくし、血行をよくするために、ゆっくりとお風呂につかってリラックスすることも効果があります。

そのほかにも、貧血のときにも、酸っぱいにおいがすることがあります。

貧血になると、酸素が不足して汗を出すときのエネルギーが不足し、酸素を必要としない乳酸が作られます。この乳酸がにおいの原因になることもあります。
貧血の予防には、鉄分を多く含む食事を摂ることがポイントで、大豆などのイソフラボンを多く含む食品を摂ることで、鉄分が体外になられにくくなるので、同時に摂取しましょう。

そのほかに、食事制限によるダイエットをすることで、体臭や口臭が発生することがあります。

これは、通常よりもカロリーを抑えた食事をすることで、基礎代謝が下がり、エネルギーが燃焼されにくくなります。これによって、体のなかで乳酸が作られて尿や汗として体外に排出されるときに、アンモニア臭が発生してしまいます。

このように、体臭が出るようなダイエットは健康的とはいえませんから、極端な食事制限は避けて、運動やストレッチなどをとりいれて、代謝をあげていくことが大事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ