諦めずに加齢臭と闘うのも大事

加齢臭は男性だけの物だと思われがちですが、女性でもなってしまいます。

加齢臭の原因はたくさんあるので、今回は加齢臭の原因についてご連絡致します。
将来加齢臭に悩まされたくない人や、現在加齢臭で悩んでいる人は参考にしてください。

【加齢によるもの】
加齢臭の原因は加齢によって生じる「ノネナール」という物質が関わっています。ノネナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びついて生じる物質で年齢を重ねるごとに分泌が増加していきます。なので、年齢を重ねるとどうしても加齢臭は出てしまうのです。

【ストレス】
ノネナールを分泌させる過酸化脂質は「ストレス」によって分泌されてしまいます。加齢臭が出やすくなるのは40代からが多いのですが、40代というと色々なストレスがあります。職場では中間管理職で下からと上からののプレッシャーで押しつぶされ、家では思春期の子供に悩まされるという感じでストレスが溜まりやすい時期でもあります。
ストレスはどの年代でも感じる物なので、出来れば若い内から自分に合う趣味を見つけたり、ストレスを溜めないように気持ちの切り替えを上手くするよう心掛けた方が良いです。年配の人は、ポジティブシンキングの本を買ってプラス思考になるコツを勉強したり、アロマテラピーを趣味にして癒し効果を得るなどをするのがオススメです。

【不摂生な生活】
不摂生を生活を続ける事も加齢臭の原因であるノネナールを分泌させる原因になります。
食事面では肉系・アルコールを多く摂取してしまったり、運動面では運動をしないで休日は家でゴロゴロしてしまったりする事によって、脂肪分が分泌されてノネナールを分泌させてしまいます。

【まとめ】
このように加齢臭の原因は1つだけで無く多くの要因があります。年を取っていくのはどうしようもないですが、ストレスを減らしたりや不摂生の生活を見直すのは自分の力でどうにか出来るものです。なので諦めずに加齢臭と闘うのも大事なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ