ポリフェノールがたっぷり入っている赤ワインで活性酸素を除去できる

だんだんと自分の体臭が気になってきたと感じていませんか。加齢とともに気になってくることは、珍しいことではありません。加齢とともに体内にノネナールという物質が多くなっていきます。これが、加齢臭の原因です。しかし、それほど年を取ったわけでもないのに、体臭が気になっているという人もいるでしょう。もしかしたら、体の中に活性酸素が増えているのかもしれません。

活性酸素が体内にあることは大事なことです。体を守る役割をしています。体内に入ってしまった最近などを攻撃してくれますから、ある程度の量は体内に必要です。しかし、あまりにもたくさん体内に増えてしまうと大変なことになってしまいます。健康な細胞まで攻撃するようになるからです。だから、体の錆びと言われるようになりました。しかも、加齢とともに自然と増えたり、呼吸をするだけでも増えてしまいます。また、紫外線を浴びるだけでも増えてしまうのです。

活性酸素が脂質と結びつくと過酸化脂質となります。これは、分子量の小さい脂肪酸に分解されます。そして、体外に排出されます。すると、嫌な臭いを発生させてしまうのです。

抗酸化力の高いものを摂取することで、活性酸素を除去できます。お酒が好きな人にぴったりなのがワインです。特に赤ワインのほうが良いでしょう。ブドウの皮に含まれているポリフェノールがたっぷり入っているからです。赤い色がポリフェノールの色です。ポリフェノールが体内に入ることで、活性酸素と結びついて中和してくれます。だから、健康のためにも適度に赤ワインを飲んだほうが良いでしょう。

美容にも良いですし、老化や病気を予防することもできますが、体臭を悪化させずに済みます。周りの人がだんだんと近寄らなくなってきたと感じていませんか。自分でも臭いが気になると思っているのならば、試してみてください。お酒が好きな人なら毎日のように飲んで予防したいと思うのではないでしょうか。もちろん、飲み過ぎにはくれぐれも注意してください。体に良いとは言っても、過剰にアルコールを摂取することはかえって体を悪くしてしまいます。アルコールを摂取するわけですから、適量で済ませましょう。

どうしてもアルコールは苦手という人は、ブドウジュースでも構いません。やはり、赤い色をしたジュースがお勧めです。ポリフェノールがたっぷりと含まれていますので、赤ワインと同様の効果が期待できます。ブドウジュースを飲むだけでも十分に抗酸化力を発揮することができますので、気になる体臭を予防することができるでしょう。

これらは、簡単にできる方法です。すでに嫌な臭いに悩まされている人も、まだ体臭が気にならない人も対策のために、予防のために飲んでみてください。そのまま飲むだけではなく、料理に生かすのも良いでしょう。そうすれば、飽きることなく毎日摂取し続けることができます。臭いは毎日対策したほうが良いので、手軽な方法を取り入れてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ