吸湿発熱のポリエステル製の服は脇汗のにおいが強くなる

洋服

最近は、ワンピースやブラウスはもちろん冬場のフリース等、服の素材にポリエステルが用いられることが多いですね。

友達の結婚式に招待されて、気に入ったデザインのワンピースを選ぼうと思ったら、みんなポリエステル100%だったりします。普段から脇汗に悩んでいる人にとっては、実はこのポリエステル製の服というのは要注意です。ポリエステル製の服に身を包んでいると、脇汗のにおいが極端に強くなってしまうからです。

ナイロン等でもそうですが化学繊維でできている布は、綿や麻、絹のような吸湿性や通気性に著しく欠けています。例えば綿の服であれば、脇汗をかいても綿の繊維が水分や脂分を吸収し、そのまま優れた通気性によって外に蒸散してくれるので、普段少しわきがが気になるくらいの人であれば、消臭スプレー程度でさほど気にならなくなるものです。

ところが化学繊維の場合は、吸湿性がないため脇の下は蒸れ、通気性がないので体温で温度が上昇し、脂分等菌の栄養分も豊富に残るため、わきが菌にとっては天国のような環境が整ってしまいます。元気百倍となったわきが菌はヒャッホーとばかりに増殖し、恐ろしい事態を引き起こします。友達の結婚式に出席していてこんなことになったら、花嫁の顔も料理の味も上の空ですね。スピーチなど頼まれていたら失神しかねません。

また、冬場なら汗をかかないから大丈夫かというと、実はそうでもありません。汗をかく季節でなくても、人間の皮膚からは常に水分が蒸発していますから、脇の下はやはり蒸れますし、吸湿発熱のポリエステルなら温度も上がります。さすがに表にまでにおってくることは少ないものの、着替えた後に服に臭いが残ることはよくあります。近頃では野球のアンダーシャツとしてもポリエステル製のものが多く、洗濯してもにおいだけが消えないという経験を持つお母さんも多いのではないでしょうか。

脇汗の臭いというのは、アポクリン線から出てくる段階では発生しません。出てきた水分と栄養分が腋毛や皮膚に付着して、そこにいる常在菌によって分解される過程で発生してくるものです。ポリエステル製等の化学繊維の服を着ている場合、天然繊維のような吸湿・蒸散の役目を果たすどころか、化学繊維が腋毛や皮膚と同じように、水分や栄養分をためておく場所になってしまいます。吸湿・蒸散のできる化学繊維というのもありますが、この場合でも出ていくのは水分だけで、菌の栄養分は依然として繊維についたままになります。

この状態で臭いを防ぐにはどうしたらいいか。一番効果的なのは、ずばり汗わきパッドです。綿でできている汗わきパッドなら、わきが菌のえさになる前に水分も脂分も吸収してくれるので、脇の下はいつもさらっとして蒸れませんし、臭いの元も発生しにくいです。それでもまだ腋毛や皮膚についてしまう分がありますから、普段から腋毛は処理し、脇の下の皮膚は泡立てたスポンジで毎日30回くらい軽くこすり洗いすると安心です。また制汗剤は、少し臭いが気になる人ならスプレータイプよりもクリームタイプがおススメです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ