便秘は種類によって、原因が違い対策も変わる

あの方法が便秘にきく、こうすると便が出るとよく聞きますが、便秘にも種類があることをご存知ですか?大きく分けで、器質性便秘と機能性便秘があります。さらに、機能性便秘は細かく分かれていきます。種類によって、原因が違い対策もかわってきます。

器質性便秘とは?

大腸の疾患や先天的に腸の大きさや長さが普通の人とは違う場合に起きる便秘です。後天的な腸の疾患なら、病気が完治すると便秘が治りますが、先天的な原因の場合、便秘とうまく付き合っていく方法を見つける必要があります。また、便秘が大きな病気のサインでもあり、発熱、嘔吐、激しい激痛、血便、便に粘膜が混じるなどの症状がある場合は、医師に診てもらうようにしましょう。おすすめは、消化器科か胃腸科のある内科もしくは、病院です。

機能性便秘とは?

消化器官の機能低下により、引き起こされる便秘です。機能性便秘には、急性便秘・慢性便秘・医原性便秘があります。さらに、慢性便秘は弛緩性便秘・痙攣性便秘・直腸性便秘があります。病気が原因で起きる便秘ではありません。

・急性便秘は、大腸の動きが鈍り、一時期的に便秘になることです。原因は、植物繊維や水分の不足・ダイエットによる食事量の低下・生活環境の変化などによるストレス・入院や寝たきりなどによる運動不足が原因です。対策としては、もとの生活環境や食事内容に戻すことです。

・慢性便秘は、日常的に便秘になることで、原因により、三種類あります。

→弛緩性便秘とは、大腸の顫動運動や筋肉の低下により、便を外に押し出せなくなることです。高齢者や女性に多いタイプの便秘です。また、腸を動かす筋肉は、平滑筋といい、自分で意識しても動きません。腸が動きやすい生活習慣や食事を意識しましょう。

→痙攣性便秘とは、自律神経の乱れや下剤の乱用により、腸の動きがひきつったり、大腸の顫動運動が過敏になります。腹痛をともない、便秘と下痢をくりかえす傾向にあります。また、過敏性大腸炎の可能性もあり、大腸を動かすタイプの薬は悪化します。

→直腸性便秘とは、直腸に便があるにもかかわらず便意を催さない状態です。脳に便意が伝わらず、あと一歩で出すことができません。下剤の乱用や便を我慢することによって、脳への認識が鈍っていきます。

・医原性便秘とは、薬の副作用で起こる便秘で、うつ病の薬、痛み止め、制吐剤、抗がん剤による自律神経の乱れなどにより、起こる便秘で、下剤などを服用し、便の排出をコントロールする必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ